トネリコのパン


 営業日 月曜日・火曜日(祝日は休み)
 営業時間 11時~16時(パンが無くなり次第終了)
 駐車場 2台可
 住所 〒731-5127
     広島市佐伯区五日市1-14-21
 ☎ 090-2094-2185
 ✉ tonerico210@gmail.com


 昨日は、朝や昼の仕事が休みじゃったけぇ、息子の野暮用で五日市へ出掛けた。


 役所へ提出する為の診断書を、息子の掛かり付けの病院へ依頼しちょって、それが出来たと前日に連絡を戴いちょったけぇ、病院へ受け取りに行ったんじゃった。




 「トネリコ」は、2月10日で6周年を迎えたらしい。


 以前は、別の場所で営業をされちょられたみたいじゃが、儂は、その場所を知らん。


 未だ、離婚をする前に、別れた妻が、「トネリコ」のパンを時々買って来て、美味しそうに食べよった。


 彼女は、ベーグルとかエピとか、硬いパンが好きで、「広島じゃと、トネリコのエピとベーグルが一番美味しいんよ。」と、儂にも勧めたが、儂は、硬いパンは嫌いで、特にベーグルは、今までも、名だたる名店や人気店のベーグルを食べてみたが、一つとして美味しいと思ぉた事が無いんじゃった。




 儂は、ふわふわの柔らかいパンが好きで、好みは真逆じゃったし、色々な面で好みや考え方が真逆じゃった。


 上手く行きよる時は、互いの足りない部分を補い合って、更に上手く行くんじゃけど、何処かで歯車が噛み合わん様になると、あらゆる面で反発し合う様になって仕舞う。 

 女と男は難しい・・・特に夫婦は、子供とか居ると、余計にややこしゅうなるし、子供には罪な事をしたと、後悔はしちょるが、あのまま一緒に生活しよったら、余計に子供等を傷付ける事に成ったじゃろぉけぇ、仕方のない選択じゃったと思うんじゃった。

 流石に、パンの好みの違いで離婚した訳じゃぁないんじゃが・・・。


 「トネリコ」が6年前に、今の場所で開業した事は、別れた妻から聞ぃちょったし、以来、何度か訪ねたんじゃが、その度に閉まっちょって、先週、息子を連れて病院を訪れた時にも訪ねたんじゃけど、やっぱり閉まっちょって、その時、月曜日と火曜日に営業していると、張り紙に書いてあったけぇ、昨日、病院に行く時に、帰りに「トネリコ」に行く事を決めちょったんじゃった。




 店内は、清潔で明るい・・・パン屋さんやケーキ屋さんには、大切な事じゃと思う。


 匂いが、それ程しない・・・これは好ましい。


 よく、焼き上がったパンやバターや様々な甘い香りが充満しちょる店が在るんじゃが、儂は、犬鼻で、臭いには敏感なので、そうした店に入ると、それだけでお腹が満腹になった気分になって仕舞ぉて、食欲が失せて仕舞うし、色々な物の匂いが混ざった臭いは苦手で、スーパーの食品売り場などに行くと、こめかみが痛ぉなって眩暈がしたり、嘔吐をもよおす事さえあるんじゃった。


 焼き上がったばかりのパンの香りに釣られて、食欲をそそられたり、購買意欲をそそられる方の方が、多数派じゃとは思うんじゃが、儂は、そう言った店は苦手としちょるんじゃった。

 


 整然とパンが陳列されている。


 品の良い、御客さんが多いのか、店の方が、こまめに整えられているのかは分らんけど、綺麗に並んでいる。


 流行っているパン屋で、パンを選ぶのに、つつき回して、並びをバラバラにしておいて、そのままにして立ち去る客や、それを、そのまま放置しているのをよく見掛ける。


 客にも問題があるんじゃが、(忙しゅぅて手が回らんのかも知れんが)こまめに気配りをして、綺麗に並べ直して欲しい・・・仮にも、人が口に入れる物なんじゃけぇ・・・。




 パンが綺麗に並べてあると、それだけで美味しそうに見える気がするんじゃった。

 儂は、潔癖症じゃぁ無いんじゃけど・・・。



 何種類かのパンを買った。

 それとは別に、ベーグルとエピとカレーパンを買った。


 ブログに掲載するので写真を撮らせてくださいと、お願いして、数枚の写真を撮らせていただいた。


 御夫婦で経営されている様じゃが、御主人も奥さんも、感じの好い方じゃった。


 帰りがけに、龍宮神社にお参りさせて戴いた。 


 その帰り掛けに、別れた妻の所へ久し振りに寄った。


 昨年から社会人となった次男が、3月から、会社の近くのマンションを借りて一人住まいを始めるのに、賃貸マンションの保証人になって欲しいと頼まれていて、その関連書類を持って行く為じゃった。


 書類と、別買いしたパンを渡したら、「トネリコ」のパンだと気付いて、えらく嬉しそうにしちょった。


 用件を済ましたら、すぐにお暇した。


 離婚したとは言え、親としての責任は死ぬまで在るし、頼って呉れると嬉しい。



 帰宅して、儂も、一つ二つ食べたんじゃが、中の餡子が美味しかった。


 パンの生地は、固目じゃけぇ、今一つ、儂の好みからは遠かった。


 たぶん、固目のパンが好みの人じゃったら、凄く美味しいパンじゃと思ぉてじゃろぉけど、儂にはねぇ(笑)


 儂が、固目のパンが好きに成れんのは、未だ、儂が発展途上の人間じゃけぇじゃろう。


 儂は、これで、好き嫌いが激しゅぅて、固目のパンだけじゃのぉて、食べれん物が多いぃんじゃが、それは、『未だ自分が発展途上の人間じゃけぇで、いつか成長出来たら、何でも食べられる様になる日が来る』と、思ぉちょるんじゃった。 

 特に、臭いの強い物は苦手で、大蒜・辣韭・納豆・沢庵・松茸・インスタントラーメン・女性(此処は笑う所です)等々・・・大蒜が大丈夫じゃったら、和食の料理人じゃのぉて、イタリア料理のシェフの道へ進んじょったかも知れんし、大阪時代に親しかった、イタリア料理店の娘さんと結婚しちょったかも知れんが、・・・まぁ、その内、儂も成長して、食べられる様になる日が来るんじゃないかと思ぉちょるんじゃった。


 彼是、文句ばっかり並べたんじゃが、「トネリコ」は、美味しいパン屋さんじゃけぇ、また、機会が在ったら行ってみようかねぇ。・・・暁橋のたもとから 

 

# by sakananoojisan | 2019-02-19 20:00 | グルメ | Comments(2)

特に理由は無いんじゃけど・・・



 今日は、朝や昼の仕事が休みじゃったけぇ、息子の野暮用で五日市へ出掛けました。


 野暮用を済ませると、宇品に帰るのに、塩屋神社の前を通ったけぇ、素通りするんも詮無いけぇ、お参りをして帰ることにしたんじゃった。


塩屋神社の境内


 今朝方の冷え込みは強かったが、日中は陽が射して、柔らかい南の風も吹いていて、気持ちの良ぇ日和じゃった。


 春の陽射しに映えて、朱塗りの鳥居も輝いて見えた。


 やっぱり、神社への参拝は、晴れた日がえぇねぇ・・・。




 此処は、縁結びの神様が祀られちょるんじゃけど、今日は縁日でも無いし、一日参りの日でも無ければ、此れと言った願掛けの頼み事も無いんじゃけど、何と無く、神社にお参りして、手を合わせとぉ成っただけじゃったんじゃけど・・・。


 儂には、元々、特別に信仰している神仏は無いんじゃが、気が向いた時に、その時、心に浮かんだ神社や寺に参拝させて戴く事にしちょるんじゃった。


 土師氏である関係で、実家の神棚には、天照大御神の他に、天穂日命や、野見宿禰様が合祀されているが、特別に信心深い訳では無いし、日蓮宗の門徒でも在ったが、家の宗派と言う域の感覚しか無いんじゃった。


 また、若い頃(足を悪くする以前)は、修験道の修行をしちょったが、儂の場合、渋川一流柔術や、陰陽道の一環として行っていたに過ぎず、特別な信仰心が有った訳では無かった。


 特別、何が有るからと言う訳じゃぁ無いんじゃけど、神仏を前にすると、ほぼ無意識に手を合わせて仕舞う。


 『これぞ日本人』とでも言う処じゃろぉか・・・。


 基督教徒や回教徒やユダヤ教徒の様な、一神教の人々とは異なり、八百万の神のおわす国の生まれ育ちじゃけぇ、「曖昧」と言うか「柔軟」と言うか、大らかな信仰心は、日本人の良い部分じゃと、儂は思ぉちょるんじゃった。


早春の瀬戸の海


 お参りを済ませてから、時間も在ったけぇ、五日市漁港の辺りまで足を延ばした。


 早春の瀬戸の海は、本当に穏やかじゃった。


 手前に見える三角形の小島は、以前の記事でも紹介した津久根島・・・霞が掛かって見え難いんじゃけど、その向こう側が似島で、その向こうに江田島の島並が見える。



霞の向こうの宮島 


 早春の瀬戸の海は、本当に和(のどか)じゃった。


 視線を右側に移すと霞が掛かった向こう側に、薄っすらと厳島が見えた。


 晴れた夏の日じゃったら、もっと近ぉにクッキリと見えるんじゃが、これも春が間近い証じゃねぇ・・・。 


 夕方からの仕事に備えて、2時頃には帰宅したんじゃけど、何と無しに、清々しい気持ちで満たされたんじゃった。 霊験あらたかな神社にお参りした御蔭かねぇ・・・。


 たまには、お宮参りも好いもんじゃねぇ。・・・暁橋のたもとから



# by sakananoojisan | 2019-02-18 00:00 | 日常 | Comments(1)

気にしていた映画

長編ドキュメンタリー映画「アイたちの学校」 此方より寸借


 儂の趣味の一つに「映画鑑賞」と言うのが在るんじゃけど、実際の処、映画館に出向いて鑑賞する時間が、なかなか無ぉて、精々、月に1本程度、観に行くくらいで、大抵は、DVDをレンタルして部屋で観る事の方が多いぃんじゃった。


 メジャーな映画じゃと、そぉやってでも観る事は出来るんじゃけど、DVD化もされん、マイナーな映画じゃと、興味を抱いちょっても、観る機会を逸して仕舞ぉて、(たぶん死ぬまで)観んこぉに終わって仕舞うんじゃった。


 去年から、気に成っちょる映画がある。

 「アイたちの学校」と言う映画じゃった。

 朝鮮学校の歴史と現状を描く、初の長編ドキュメンタリー映画らしぃんじゃけど、その映画の事を知ったんが、『娘に伝える、父の恋バナ「高校編」』を書きよった最中の事で、記事を書く為に、朝鮮学校について調べよった時にヒットして、気に成っちょったんじゃった。


 それ以来、気にしちょりゃぁしたんじゃけど、広島じゃと、全然、上映される気配が無いもんで、いつの間にか忘れかけよった処、今朝見たネットニュースに、映画「アイたちの学校」が反響を呼んでいる事が書かれていた。


「朝鮮学校の歴史を知ってほしい」と語る高賛侑監督  此方より寸借


 以前のブログ記事でも書いた事じゃけど、抗議活動や署名活動をしよる、学生や在日朝鮮人の人々の窮状は理解できるし、気の毒にも思うんじゃが、文部科学省が提示しちょる、現行学習指導要領から大きく外れた教育内容を行い、学校内では全てチョソン語を使う事を強要している学校や生徒に対して、一般の学校と同じ助成制度を求める事には、筋違いで、まったく賛同が出来んのじゃった。


 だからと言ぅて、儂は、朝鮮人を差別する気持ちなど微塵も無いし、日本と朝鮮の歴史から見て、朝鮮民族に敬意を抱いちょるし、在日朝鮮人の友人も居るし、還流ドラマも好きじゃし、自分で言うと説得力に欠けるじゃろぉが、親朝鮮派の人間じゃと思ぉちょるんじゃった。


 勿論、最も近い隣国である日本と朝鮮が、親しく有益な関係である事を強く望んでいるんじゃった。

 じゃのに、最近の報道では、「日韓関係は過去最悪」と言われちょるし、北朝鮮とは相変わらずの関係で、「拉致問題」や「核弾頭ミサイル問題」等々、全く進展しちょらんのが現状じゃった。


日韓外相会談での河野外相(ドイツ・ミュンヘンにて)  此方より寸借


 日本と韓国は、「竹島問題」「慰安婦問題」「徴用工問題」等々、昔から懸案が山積みじゃが、昨年の「レーザー照射問題」以来、自国側の非を認めず、日本への非難を繰り返す韓国政府の言動には、親朝鮮派の儂とは言え、怒りを通り越して呆れるばかりじゃったが、特に、韓国のムン・ヒサン(文喜相)国会議長は、慰安婦問題をめぐり、天皇陛下が謝罪すれば解消されるなどと述べた発言には、許し難い、強い憤りを覚えたんじゃった。


 「漢江の奇跡」と言う言葉が在り、韓国人が誇りとしている事柄らしいが、儂に言わせば、笑いを堪えるのに片腹痛いくらいじゃった。


 そもそも、1965年に、日韓基本条約の締結により、無償金3億ドル・有償金2億ドル・民間借款3億ドル以上(当時1ドル=約360円。現在価格では合計4兆5千億円相当。当時の韓国の国家予算は3億5千万ドル程度)の日本からの資金供与及び貸付けを行い、国際協力銀行によると1960年半ばから1990年代までにトータル6000億円の円借款が行われ、韓国はこうした資金を元手に「漢江の奇跡」の象徴とも言われる京釜高速道路を始めとした各種インフラの開発や、浦項総合製鉄を始めとした企業の強化がおこなわれた。


 その後も、日本の民間企業によって、大規模な投資がおこなわれ「漢江の奇跡」と呼ばれる経済の立て直しを実現できたんじゃった。


 恩着せがましい事を言う積りは無い・・・先に起きた、朝鮮戦争による特需により、戦後間もない日本は、目覚ましい経済復興を果たす事が出来たんじゃし、その後の経済関係に於いて、日本側も莫大な利益を生み出せたんじゃけぇ・・・当時は、持ちつ持たれつの関係じゃったじゃろうか・・・。


 日韓基本条約を締結する際、日本側は、民間人への補償も申し入れたんじゃが、それに関しては、韓国側が、こちらで行うと言い切ったため、それに委ね、此れを持って、日本が韓国に対する、戦前の賠償責任の一切は完了した。


 しかし、巨額の資金は、限られた財閥や、政治家の資産を増やす事に使われ、民間人への補償へは、殆ど使われる事が無かったばかりか、日本からの賠償金や援助協力によって、目覚ましい経済発展を遂げる事が出来た事実も、概ね伏せられて国民には知らされなかった。


 もし、韓国政府が、日本との約束通り、資金の中から、適正な金を、民間人への賠償に使って居たら、「慰安婦問題」(戦前の日本政府や日本軍の命令によって慰安婦が集められたと言う韓国側の訴えは、全くの出鱈目じゃが・・・)や「徴用工問題」は、今頃、問題になる事は無かったじゃろうし、日本からの賠償や経済援助について、ありのままを国民に伝えていたなら、日本と韓国は、もっともっと近しい友好国になっとったじゃろぅと、儂は思うし、残念にも思うんじゃった。


 また、話が逸れて仕舞ぉたねぇ・・・「朝鮮学校」の問題は、朝鮮学校を、指導・運営しよる「朝鮮総連」や、朝鮮民主主義人民共和国との絡みが在る問題なんで、日韓関係とは、直接関係ないけぇねぇ・・・。


 映画「アイたちの学校」じゃけど、ニュースじゃと、広島でも上映がきまったと書かれちょるんじゃけど、彼方此方調べても問い合わせても、今の処、広島じゃぁ上映しよらんみたいじゃねぇ。


 儂の主義からすると、批判するなり賛同するなり、どっちにせよ、相手側の考えやら実情を知ってからじゃないと、批判も賛同もしちゃぁいけんと思うんよ。


 あんまり、楽しそうな映画とは思えんけど、観ておくべき映画と言うのも在ると思うんよねぇ。・・・暁橋のたもとから



# by sakananoojisan | 2019-02-17 20:00 | 映画 | Comments(1)

離島と本土を繋ぐ日本最小の『暁橋』のたもとから、娘と善き隣人に届けます。


by 魚のおじさん
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る