人気ブログランキング |

暁橋のたもとから

akatukibasi.exblog.jp

離島と本土を繋ぐ日本最小の『暁橋』のたもとから、娘と善き隣人に届けます。

「スリランカ爆破テロ」じゃけど・・・

爆発が起きたコロンボ郊外ネゴンボのカトリック教会 此方より寸借


 スリランカの最大都市コロンボなどで起きた連続爆破テロ事件で、中東の過激派組織「イスラム国」(IS)が23日、系列メディアを通じて犯行を認める声明を出したらしい。


 ツイッター上に流した声明文には「各国市民を標的にしたのはISの戦士だ」と明記しちょるらしぃんじゃが・・・。


コロンボの爆発現場を調べる警察官(22日) 此方より寸借


 スリランカ政府も22日、自国のイスラム過激派組織「ナショナル・タウヒード・ジャマア(NTJ)」が関与したとの見方を示す一方、国際的なテロ組織の支援なしには実行できなかったとも指摘していた。


 スリランカ警察は23日、高級ホテルやキリスト教会など8カ所で起きた一連のテロ事件で、これまでに外国人を含む死者が321人、負傷者が約500人に上ったと公表したんじゃが、38カ国の外国人の死亡が確認され、その中には、現地在住の日本人である高橋香さんも犠牲になっちょるんじゃった。


ヌールモスク近くには献花する人々  此方より寸借


 スリランカ政府は23日、事件がニュージーランド南部のクライストチャーチのイスラム教礼拝所で3月に起きた銃乱射事件への報復だった可能性があると明らかにした。

 儂は、ニュージーランド南部のクライストチャーチに在る、二つのイスラム教礼拝所で、男が銃を乱射し、49人が死亡した事件が起きた時、『「他山の石、以て玉を攻むべし」・・・出来る??? 』と、言う記事を書いたんじゃが、『儂が恐れていた事態が、起こるべくして起きた』と言う思いがして切ないんじゃった。


 『本当にテロを未然に防ぐ術は無かったんじゃろぉか?』との思いも強い。



 「スリランカ」と言うと、儂が小学生の頃には、「セイロン」と呼ばれちょって、「セイロンティー」で有名な、インドの先っちょに在る農業が盛んな島国と言うイメージが強いんじゃが、現在は、観光産業が大きな割合を占めちょって、日本人にも人気の国らしぃんじゃった。



 ジャヤワルダナ氏が、1951年9月6日、サンフランシスコ講和会議にセイロン代表として出席し、その会議演説で、「日本の掲げた理想に、独立を望むアジアの人々が共感を覚えたことを忘れないで欲しい」と述べ、また「憎悪は憎悪によって止むことはなく、慈愛によって止む」という法句経の一節を引用して、セイロン(現:スリランカ民主社会主義共和国)は、日本に対する賠償請求を放棄する旨の演説を行ってくださり、第二次世界大戦の戦勝国によって、日本が分断統治されない様に力を尽くしてくださった。

 そのお陰で、日本は、4つ、ないし2つに分断されるところじゃったのに、アメリカ一国に統治される処と成り、現在に至っちょるんじゃった。

 もし、あの時、ジャヤワルダナ氏が助けてくださらなかったら、日本は目覚ましい経済発展を為し得んかったじゃろぉし、現在の朝鮮半島以上に、悲惨な結果になっちょったじゃろぉと思うんじゃった。


 じゃけぇ、スリランカ民主社会主義共和国と言う国には、儂は特別な思いが有って、今回のテロは、『インドの先っちょに在る島国で起こった他人事』とは、とてもじゃ無ぁが、思えんのんじゃった。



 それから、朝の番組の英会話で一世を風靡されちょった、ウィッキーさんの母国と言うイメージも強ぉて、『信仰心の強い、平和を愛する温和な人々の国』と言うイメージも強いんじゃった。


 それだけに、今回のテロは、切なく悲しいし、テロを起こした犯人にも、企てた輩にも、強い怒りと憎しみが沸き上がって来るんじゃが・・・


 じゃが、ジャヤワルダナ氏の、「憎悪は憎悪によって止むことはなく、慈愛によって止む」と言う言葉を思い起こして、強い怒りと憎しみを抑えて、亡くなられたり、傷付いた方々の魂が癒される様にと、祈りよるんじゃが・・・暁橋のたもとから


Commented by aba-n-c at 2019-04-24 17:34
この「サンフランシスコ講和条約」を知らない日本人が多いのです。
誠に残念な事です。と言うか、悲しいです。
by sakananoojisan | 2019-04-24 14:09 | 反核・平和 | Comments(1)

離島と本土を繋ぐ日本最小の『暁橋』のたもとから、娘と善き隣人に届けます。


by 魚のオジサン